紅茶
紅茶にも色々な種類があります。

紅茶にダージリンやアッサム、ウバといったさまざまな種類があり味わいが違っています。

美味しいだけではなく健康や美容にも役立つと言われており、生活に上手く取り入れると助けになります。

他にも特徴は多く、グレードと呼ばれる葉の大きさからファーストフラッシュやセカンドフラッシュと呼ばれるシーズンによっても味わいが異なるので、自分好みの紅茶を探してみるのも面白いです。

飲み方もストレートをはじめ、ミルクティーやレモンティーといった一般的な飲み方から、チャイやロシアンティーなどバリエーションが多くあるので、飽きずに楽しめます。
普段の食事の時からティータイムまで積極的に取り入れると、美味しさだけではなく体にも良い効果が得られます。

紅茶の種類について知っておこう

紅茶の茶葉 紅茶とは茶葉を100パーセント発酵させたもののことで、実は緑茶やウーロン茶などと同じものと言えます。

発酵の度数によって味わいや名称が異なってくるのが特徴となり、発酵しないものが緑茶、半発酵がウーロン茶、完全発酵が紅茶、後発発酵がプーアール茶となるわけです。

ここで言う発酵とは茶葉に含まれているタンニンを酸化させることで、方法としては茶葉を揉むことによって、その中に含まれている酸化酵素を自然に活発にさせて行います。

発酵が進むに従って、葉緑素が破壊されて色が緑色から褐色になり、香り成分も増加して、切れ味のよい渋味やこくが形成されます。

紅茶には数多くの種類があり、一般的に知られているのはダージリンやアッサム、ウバ・キーモン・アールグレイなどです。
これらは採れる産地によって違っており、だいたいは山や地名の名前から付けられてます。

同じ紅茶でも味わいや香りそれぞれが違っているので、飲み比べて自分好みの味を見つけ出すのは楽しいです。

カフェ 自宅で飲むだけではなく、カフェや専門店を利用するのも良く、好きな傾向を見つけ出しておくと日常生活の中に取り入れやすくなります。

形状としては茶葉そのものとティーバッグや、最近は粉末状のものもあるので使いやすさで選ぶのがおすすめです。

味に違いがあり、それぞれ向いている飲み方があるので知っておくと便利ですし、使い分けしやすくなります。
茶葉そのものはリーフティーと呼ばれて、主にポットを使用して抽出します。

ティーバッグは1人前の分量なのでティーカップやマグカップに入れることが多いですが、複数をポットに入れて抽出することも可能です。

必要に応じて使い分けるのが良く、ある程度の抽出時間と量を知っておくと役立ちます。

また紅茶は茶葉の大きさによってグレードと呼ばれる等級が決まっており、
オレンジペコーという言葉が有名ですが、これは産地ではなく葉の大きさのことです。

若く大きな葉でリーフとして飲む時の基本となり、ペコーと呼ばれるのはオレンジペコーにはなれなかった小さな葉で、品質はそれほどよくなく、主にティーバッグとして利用されます。

ティーバック 品質が劣るといっても飲めないわけではなく、シチュエーションやシーンに合わせて利用するのが良く、知っておくと使い勝手が良くなるはずです。

飲み方としては何も入れないストレートティーをはじめ、ミルクティーやレモンティー、ロシアンティー・チャイ・セパレートティーなどアレンジ方法は幾つもあります。

紅茶の種類によっても仕上がるの味わいが変わってきますので、試して自分に合ったものを見つけてください。
茶葉によって相性の良さが違ってきますが、個人の好みもあるのですべてにぴったりと言うわけではなく、一般におすすめされているものを飲んで、茶葉ごとに試すと好みを見つけ出すことができるはずです。

美容や健康に役立つと言われている理由を説明します

目をつむる女性 お茶はすべて体に良いと言われていて、健康や美容のサポート効果を持っています。

お茶全般の効果として、抗酸化作用で体内のサビを落としてアンチエイジングの促進、カフェインによって疲労回復や目の疲れを取り除き運動能力を高める、ビタミン・ミネラル・カルシウム・カリウムといった栄養分が含まれている、高血圧や糖尿病・脳卒中・動脈硬化などの予防と改善に繋がるなど、さまざまな効果が期待できます。

その他にもアレルギー予防や抗がん作用も備えていますし、歯周病予防や消臭効果、食中毒の解消なども魅力的です。

その中でも最近は紅茶に注目が集まっていて、理由は完全発酵であるところです。
利尿作用や便秘解消、ハイドロキノンによる美白、ダイエット効果も高くなります。
特に抗酸化と美白成分が茶葉を発酵させることによって増幅していくので、より効果的に役立つ成分を摂取したい時には紅茶を選ぶのがおすすめです。

人間の体は時間によって少しずつサビてきてしまい、これが老化現象だと言われています。
特に砂糖などはサビを促進させてしまうので、甘いものが好きな人は注意が必要です。
紅茶には抗酸化作用が含まれていて、体内の活性酵素を取り除いてくれるので身体や肌の老化を防いでくれて、健康や美容に役立ってくれます。

美肌の女性 肌のシワやシミが気になっている人が積極的に紅茶を飲み続けたところ、他に生活を改めることがなかったにも関わらず、美肌になっていった例があります。

ただ飲むだけで綺麗になれるのは嬉しく、食事やおやつにもピッタリの組み合わせなので積極的に取り入れると良いです。

紅茶には産地ごとに種類があり味わいや香りが異なっていますが、成分そのものは大差がないので好みで選ぶのが良く、飲みやすいものを見つけて続けていくと役立ってくれます。

さらに含まれているカフェインは疲労回復やストレスの解消効果、中枢神経の興奮を抑える効果を持っていて、飲むことでマイルドに働くのが魅力です。

ポイントは含まれてるアミノ酸の一種であるテアニンという物質が、脳にα波を発生させるサポートをすると言われていて、脳がリラックスできる状態を作り出していきます。

しかもリラックス効果がある一方で眠気を起こさせることがないので、仕事中や息抜きとして摂取しても問題がありません。

このように健康や美容に役立つ効果を数多く持っているので、意識的に摂取するのが良く、ストレートティーは料理やおやつとの相性も良いです。

緑茶やほうじ茶といった日本茶もいいですが、時には気分を変えて紅茶にしてみると、新しい味の組み合わせを見つけ出せるかもしれません。
ただ体に良いというだけではなく、美味しいというのがポイントになります。

飲んで苦手と思わなければ積極的に食生活や休憩時に取り入れるのが良く、健康と美容のサポート効果を得ることができます。

紅茶の飲み方とバリエーションについて知ろう

注がれた紅茶 紅茶を飲む時に知っておきたいのが種類ごとの特徴や飲み方で、基本は一緒なので知ってくと役立ちます。

用意しておきたいのはティーポットとティーカップ、茶こしなどで、なくても他で代用できますが、専用のものを使うと味だけではなく香りや水色を楽しめます。

カップはコーヒーカップと比較して、間口が広がっているのが特徴になり、色合いを楽しむために内側が白い陶器製が一般的です。
熱湯を注いで蒸らすので、冷めやすく飲む時に適温になることを考慮されており、見た目の華やかさと合わせて目でも楽しむことができます。

淹れ方ですが、水は空気がたっぷりと含まれている方が良いので、ミネラルウォーターではなく蛇口から汲みたてのものを使い、ヤカンを強火にかけて沸騰させていきます。

沸騰したら空のティーポットに注いで温めていき、湯はティーカップに注ぎこちらも温めます。
ティースプーン1杯(2~3g)が1人前となり、湯は150から160㏄が基本となりますが、好みによって増減することが可能です。

ポットは大きさによって違ってきますが、だいたいは2~3人前の容量となっていて、家族構成などを考えて最適なものを選んでください。
必要なリーフとお湯を注ぎ、グレードに合わせて3~5分間蒸らしていき、カップの湯を捨てて茶こしで注いで完成です。
レモンをのせればレモンティーとなります。

ミルクティー ミルクティーの場合、基本の淹れ方はストレートと一緒で、濃いめが好きな人はリーフの量を少しだけ増量します。
ポイントは牛乳を予め冷蔵庫から出して室温にしておくこと、低温殺菌がおすすめです。

理由はよりクリーミーさがあり、高温殺菌の場合は少しだけくさみが残っていることがあり、雑味が強くなってしまうのであまり向きません。
ミルクの量はお好みでいいですが、一般的にはティーカップ1杯(130㏄)に対して8㏄と言われています。
特に正解はないので、紅茶に注ぎながら色で判断していくのが良く、また飲み比べてベストの分量を見つけ出してください。

夏場に最適なアイスティーは、水出しとオンザロック方式の2種類があります。
水出しは常温の水を用意して、水100㏄あたり1gのリーフを使って、必要な大きさの容器に入れてそのまま常温で3~5時間、冷蔵庫にいれる場合は5~10時間置くと完成です。
リーフを取り出して冷蔵庫で冷やして出来上がりです。
こちらの方法はクリームダウンと呼ばれるタンニンの濁りが出ませんので、簡単に作ることができます。

オンザロックの方法はストレートティーの作り方を基本にして、茶葉の量を湯100㏄に対して1gほどのリーフにします。
蒸らしている間に別の容器に氷を1杯につき150gほど入れておき、蒸らし終わった紅茶を一気に注ぐと出来上がりです。
水出しよりも香りを楽しむことができますが、クリームダウンも起こりやすいので注意が必要になり、自分に適した方法を選んでください。

産地ごとの特徴について知ると選ぶ時の参考にできます

ダージリンティー 紅茶は産地によって味や香りなどの特徴が違ってくるので、自分好みを見つけるためには知っておくと役立ちます。
飲み方もおすすめがあり、代表格を紹介するので参考にしてください。

ダージリンはヒマラヤ山脈の近くにあり、標高1000~2000mのところで栽培されています。
昼と夜の温暖差が激しく、過酷な環境に耐えるために茶葉に養分が蓄えられて独特の味わいになり、ファンが多いです。
マスカットフレーバーと呼ばれる独特の香り、飲み口はすっきりとして甘く、シーズンによっても違いが出るのが魅力になります。
繊細な味わいを楽しみたく、ストレートで飲むのがおすすめです。

アッサムはインドのアッサム地方で採取される紅茶で、濃い味わいと深みのある水色が特徴になります。
ストレートで飲むのも良いですが、ミルクティーにも向いており、牛乳に負けないバランスの良さが魅力です。
ただタンニンが強いのでアイスティーにするとクリームダウンが起きる確率が高く、注意が必要になります。

ウバはスリランカの紅茶で、乾季が夏にあるのが特徴になっていて、水分を摂取するために地中からミネラル分を含む水を引き上げていきます。
そのため独自のメンソールの香りが作られて、味わいも濃く深いものとなります。
ストレートからミルクティーまで相性が良く、どちらも他と違った個性的な味と香りになるので試してください。
またクリームダウンが起こりにくいのでアイスティーにも向いていて、万能性があるので活用しやすいのも特徴です。

中国紅茶 キーモンは中国紅茶で、キームンやキーマンとも呼ばれます。
自然に近い環境で栽培されていて、天然の栄養成分が多いところが多く、蜜に蘭の香りを混ぜたと表現される個性的な香りが特徴で、こちらに関しては実際に試してみると分かりやすいです。
スモーキーフレーバーと言われる場合もありますが、これは添付された香りになるので注意してください。
茶畑から採取された高級品のキーモンにはスモーキーフレーバーはなく、購入する時の目安になります。
ストレートで飲むのはもちろん、ミルクティーやアイスティーにも向いています。

種類豊富な紅茶ですが、三大銘茶と言われているのがダージリン・ウバ・キーモンなので、初心者はそこから始めてみると比較しやすいです。
健康や美容に役立つからといって、苦手な味や香りでは長く続けるのは難しいので、自分好みの紅茶を見つけ出すと助けになってくれます。
もともとは緑茶と同じ茶葉であり、発酵度数が違っているだけなので、ストレートとして飲めば日本食とも実は相性が良いです。

躊躇いがある時は洋食や休憩時に合わせるようにして慣らしていくのが良く、飲もうと意識することなく、日常生活に取り込んでしまうと楽に摂取できます。
説明した他にも紅茶の種類があるので、試して自分にぴったりの銘柄を見つけ出してください。

【水道直結型(ボトルレス)】ウォーターサーバー人気ランキング!

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

Cool Qoo(クールクー)

Cool Qoo(クールクー)
クールクーのここがおすすめ!
  • 放射性物質も除去するピュアウォーター
  • 水素の力で美容健康、老化防止の水がタダ同然
  • 自動洗浄で常に清潔!プロのメンテナンスも有り!

水道直結型の「Cool Qoo(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。定額のサーバー代だけで、しっかりと「ろ過」された水を自由に飲むことが出来ます。

年に一度のプロによるメンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。

美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

おすすめ度 ★★★★★
初期費用 4,200円(税別)※プランによる
月額費用 4,200円(税別)※プランによる
メンテナンス 年1回※無料
電気代 月800円程度

公式サイトを見る

ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
ピュアウェーブのここがおすすめ!
  • NASA採用の最先端浄水システム
  • 簡単なメンテナンス

ピュアウェーブは、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。水道に分岐具を取り付けて、そこから給水するため、難しい工事の必要が無いのが特徴となっています。

フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された、安心して飲めるお水を定額で利用できます。

おすすめ度 ★★★★
初期費用 無料
月額費用 4,200円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度

公式サイトを見る

楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
楽水のここがおすすめ!
  • 温水が約90℃(他社の+5℃程度)

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討出来ます。

「お手軽プラン」では、サーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」では、サーバー代4,250円で初回工事費無料となっています。買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

おすすめ度 ★★★
初期費用 無料※プランによる
月額費用 4,250円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度

公式サイトを見る

ウォーターサーバー選びに迷ったら「Cool Qoo(クールクー)」がおすすめ!

利用者の声をご紹介

CoolQooを知ってからはその合理性に憧れてすぐ注文。築20年の小さなオフィスですが問題なくCoolQooも設置できました。明らかに経済的に得!会社は「ROろ過コース」ですが、新婚夫婦の我が家には「ROろ過水素水コース」を導入しようと思っています。

ピュアウォーターに水素水がはいった「ROろ過水素水コース」を利用していますが、日々雑誌でも目 にする憧れの水素水、これが、水道代だけで飲み放題だなんて、信じられません。

いままでのウォーターサーバーってなんだったんだろう、って思ってしまうくらい、このタイプは楽ちんで助かります。今では、「CoolQoo」と出会って、ウォーターサーバーのストレス全てから開放された気分です!

「CoolQoo」の水は飲む前にろ過をするので、抜群に鮮度が高く、本当の意味でのピュアウォーターを飲む事ができます。生活に欠かすことの出来ないお水だからこそ、安心と安全、そして美味しさを追求してみませんか?

「CoolQoo」の詳細はこちら