紅茶は入れるお湯の温度で味が変わる!おいしい紅茶の作り方を伝授

お湯 紅茶をおいしく入れるためにはお湯の温度を大切にしましょう。
おいしい紅茶を入れたいと思ったら、水道水をやかんに入れてすぐに火にかけて沸騰させたものを使うことが大切です。

お湯の温度でせっかくの茶葉の香りを引き立てることが出来るかが変わります。ストレートに味わいたいときは適温のお湯でしっかりと成分を抽出しましょう。

紅茶の適温と入れ方を知るとおいしくなる

ティーポット 紅茶の淹れ方にはコツがあります。
まずはそのポイントをしっかりと覚えるようにしましょう。

紅茶の入れ方の基本を覚えることで、おいしい紅茶を入れることが出来るようになります。

まずはお湯の沸かし方です。
お湯は水道の蛇口から勢いよく出した汲みたての水道水を強火で沸騰させます。お湯が沸騰しはじめたら、そのお湯でティーポットを素早く洗い流して温めます。

リーフをティーポットに入れて、沸騰した瞬間の熱湯を少し高めの位置から注いでいきましょう。

この熱湯の温度は100度あれば十分です。
3分から5分ほど蒸らしたら、最後の一滴までカップに注いだら、出来上がりです。

このように紅茶の基本的な入れ方は簡単です。
お湯の温度はとても大切です。

沸騰したばかりの80度ほどのお湯の場合、茶葉が上手くジャンピングしないのでおいしい紅茶になりません。

ジャンピングしていないと、紅茶の香りがしなくてお湯のような味になってしまいます。

適温は100度、沸騰してボコボコとしはじめたくらいがちょうどいい適温になったと考えていいです。
沸騰した適温のお湯なら茶葉がしっかりとジャンピングするので紅茶の成分がうまく出て香り高い紅茶を入れることが出来ます。

沸かし方はポットでもいいですが、出来ればきちんとやかんな火にかけてわかすほうがいいということです。

沸騰したばかりのお湯は、下から小さい空気泡が出てきます。

沸騰した後、もっと沸騰させるとボコボコと親指大ぐらいの気泡が出てくるので、その後1分ほど経つとお湯が最適温度の100度になるので、それを使うことで紅茶をおいしく入れることが出来ます。

人数によって茶葉の量が変化する

紅茶 リーフの量り方は、1杯で1グラムから2グラム、2杯は2グラムから3グラムという風に変わっていきます。

その茶葉によって多少グラムを変えて入れるようにするといいでしょう。
]
紅茶リーフから充分に成分を抽出するときは、新鮮な軟水が最適だと言われています。

水道水を沸騰させて、おいしい紅茶を抽出するためにも味を十分に感じることが出来るような温度のものを利用することが大切です。

お湯は沸かし立てのものを使用します。

二度沸かしのお湯や魔法瓶などのお湯では茶葉の味や香りが十分に引き出せない場合があります。

蒸らし時間は正確にはかりましょう。
10秒違うだけで味に違いが出てきてしまいます。

また湯量も大切です。
湯量は300ミリリットルが最適だといいます。

湯量を間違えないためにも300ミリリットルの水を計量し、陶器のティーポットに入れ、湯量の水位を覚えておくと便利です。

紅茶を電子レンジで入れる方法もあります。

まず、水ではなく温かいお湯をカップに入れてその中にティーバッグを入れます。

電子レンジの300ワット程度で30秒温めます。
1分そのまま待ったら出来上がりです。
時間もかからずにおいしく紅茶を入れることが出来るので、忙しい人にはおすすめです。

紅茶はストレートだけではなく、ミルクやレモンなど様々な味にアレンジすることが出来るので、好みによって作り方を確認しておくといいでしょう。

おいしく入れることが出来る温度は100度と覚えておくといいです。
ストレートにミルクを加えるという方法もありますし、カットしたレモンとシュガーを入れてレモンティーにしたり、といった方法もあるといいます。

簡単な入れ方で飲むのもいいですが、たまにはじっくりと丁寧に入れた紅茶を味わってみるのもいいでしょう。

お湯の沸かし方、適温、茶葉の量の量り方など、基本を知っておくだけでおいしい紅茶を飲むことが出来るのでおすすめです。