水道水でおいしい紅茶は簡単に作れる!

水道水 紅茶を入れる際にウォーターサーバーの水を使ったり、ボトルウォーターを買ったりするのは手間がかかるだけでなくお金もかかってしまいます。

しかし、日本で紅茶をいれるのであれば、水道水を使っても問題ありません。

基本的な道具と入れ方を覚えておけば、いろいろな種類の紅茶でも美味しく入れることができるので手順を把握しておきましょう。

紅茶に合うのは軟水?または硬水?

注がれる水 紅茶を入れる際に気をつけなければいけないことが、使用する水になります。

水は軟水と硬水に分けることができ、それぞれで特徴の違いが大きいです。

日本では1L当たりにカルシウムとマグネシウムの含有量が100mg未満のものが軟水であり、それ以上のものが硬水として分類されています。紅茶を入れるときに注意するべき点として水が挙げられ、合うものと合わないものがあります。

それは、軟水は合いますが、硬水は合わないということです。

合う水とは、紅茶が持ち合わせている特質を十分に引きだたせてくれるもので、香りはもちろん味や渋みなども良くなります。

反対に合わないものでは入れる際に不要な条件や成分のせいで、台無しにしてしまうことになります。

その他には酸素を多く含み、ややアルカリ性よりのものが理想です。

日本の水道水はほとんどが軟水であるため、抽出するための条件としては十分なものを満たしています。

どこでも手にいれることができる利便性はもちろんですが、安全性や経済性のことを考えてもとても使い勝手がいいものです。

酸素の含有量もお湯を沸かすときに、やかんなどに勢い良く注ぐことで空気をよく含ませることができます。

しかし、PHに関しては場所によって幅があるので、沸騰させる時間を変えたりして調整することも大事です。

このようなことから、日本の水道水を使って、簡単においしい紅茶をいれることが可能です。利便性もいいのでいれたいと思ったら、すぐにでも実行に移せることも水道水の強みになります。

そのためにも正しい入れ方を覚えることが、おいしい紅茶を飲むためには大切なことになります。

おいしい紅茶を入れるにはゴールデンルールを覚えましょう

ティータイム おいしい紅茶を楽しむためには正しい入れ方を覚える必要があり、ゴールデンルールというものがあります。

ルール自体は簡単なものなので、すぐに覚えることができます。

これを知っていれば、ダージリンでもウバでも、香りよく入れることが可能です。

ダージリンは高級というイメージが大きいですが、入れ方はどれも共通しているので、様々な紅茶を楽しむことができます。

ゴールデンルールには5つの基本的なポイントがあり、まず良質な茶葉を使うことが大事です。

保存状態が悪かったり鮮度が悪いものはそれだけで風味が悪くなってしまうので、できるだけ良い茶葉を利用するようにしましょう。

そして、ティーポットはお湯を入れて、温めておくことが大事です。

冷えたポットにお湯を入れてしまうと、お湯の温度が下がってしまうので入れるまで温めておくことが必要です。

茶葉の分量も重要で、人数分プラス1杯分入れます。そして、使うお湯は汲みたて、沸かしたてのものを使うことが大事です。

沸騰させすぎてしまうと水の中に含まれる酸素が逃げてしまうので、その点に気をつけなければいけません。

水道水を使うのであれば、そのまま沸騰させて問題ありません。

最後に、茶葉をきちんと蒸らすことが、重要なポイントになります。

茶葉には大きさによって蒸らす時間が違っているので、フルリーフなんかブロークンなのかどのようなタイプの茶葉であるのか把握しておくことが大事です。

蒸らす時間が違うことにより苦みが出てきたりするので、十分に気をつけなければいけません。これらのポイントを押させて紅茶を入れることで、おいしく楽しむことができます。